自宅での療養生活を医療面からサポートするべく貝塚市に訪問看護ステーションを開業

お問い合わせはこちらお申し込みはこちら

[FAX] 072-493-2427 / [営業時間] 8:30~17:30 / [定休日] 土,日,祝

貝塚市の訪問看護・にじいろ訪問看護ステーションのお客様の声

地域の在宅医療貢献に向け訪問看護事業を貝塚市で展開

貝塚市の訪問看護・にじいろ訪問看護ステーションのお客様の声

ご自宅にいながら実質通院するのと同等の医療を受けるには、相応のサポートが必要になってまいります。そこで在宅医療を望む患者様の需要に対して訪問看護で対応できる看護師の方々を集めて供給していきながら、貝塚市近隣の地域医療に貢献していきたいという想いで起業いたしました。
療養中のメンタル面のケア、障害を持っているお子様との生活上の向き合い方、医療機器のご自宅での使用が必要な方々への補助など、必要な医療的なサポートを担当してまいります。


自宅での服薬指導なども貝塚市より実施する訪問看護にお任せ

病状が重く相当な種類のお薬の服薬が必要になるケースが、高齢になってくるにつれて多くなってまいります。主な不調を軽減するためのお薬が数種類と、そのお薬の副作用を軽減するためのものが数種類と、お薬が増えてくるにつれて飲み合わせや服薬上での注意点など、難しいことが多々発生してまいります。看護師が定期的に訪問することで、お薬の服薬における注意点やコツなどを、健康チェックと並行して指導することもできます。
場合によっては、患者様の病状に合わせて服薬の量やお薬の種類を細かく調整する必要があるケースもあり、主治医から指示書を受け取っている看護師が訪問することで、お薬のフレキシブルな調整にも対応が可能です。現代ではスマートフォンやタブレットなどといったようなIT技術も進歩しているので、服薬に関する情報も主治医と素早く情報を共有できるのです。服薬方法の変更点などについてもその場で指導するので安心です。

お子様の障害と向き合う方へ訪問看護で貝塚市よりサポート

子どもに障害が出てしまったという事実を受け止めつつ、親子で手を取り合って生活してきたいと考えているものの、初めての経験でどのように対応したらいいのか不安になってしまうなど、お子様の障害と向き合うご両親のために、看護師が定期的に訪問するという形でサポートしてまいります。
例えば下半身が動かなくなってしまって車椅子での生活が必要になった場合、ただ車椅子が使用できるように配慮するだけでは足りず、褥瘡などというリスクを考えて生活する必要がございます。ずっと座っていると座面の血の流れが悪くなって、その部分の皮膚が壊死してしまうのが褥瘡です。ご本人は下半身の感覚がないために、発見が遅れてしまう危険があり、時折うつ伏せになって臀部付近を揉むなどして血流を良くするなどといった対応が必要になります。慣れないうちは不安なことも多々あるかもしれませんが、看護師が心を込めてケアさせていただきます。

在宅療養における不安なことにも貝塚市より訪問看護でケア

ご自宅で通院せずに安心して療養していただくためにも、病気に対して感じてしまう心細さや苦しみなどいった精神的なプレッシャーに対しても、貝塚市より実施する訪問看護時に心を込めて対応できればと考えています。心理的な不安は、カウンセリングでお気持ちに寄り添うだけでは解決しないケースもあり、医学的な根拠に基づいて病気に対する客観的な情報が必要な場合があります。
例えば、在宅で最期を迎えることを選んだ家族が時折苦しそうにしているのを見て不安になってしまうというお悩みに対しては、傾聴でお気持ちを理解しつつ、「医学的に見て特に大きな問題はないので、そのときはご本人様に寄り添ってあげる形で大丈夫です」などといった、医学的な根拠に基づく言葉も必要になります。これは医学の専門知識を持った看護師や医師でないとできないことであり、このような療養における不安にも看護師として寄り添っていければと考えています。

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。